TOPICS

ファン・ディエゴ・フローレス 2019年12月 来日決定!Juan Diego Flórez

更新日:2019/01/15


ファン・ディエゴ・フローレス
ファン・ディエゴ・フローレス オペラアリアコンサート 東京公演
ファン・ディエゴ・フローレス 「100年に一人のテノール」といわれるオペラ界のビッグ・スター
 
「銀色の輝きを帯びたやわらかさを伴い、並はずれて美しいだけでなく、時に想像しうるかぎり最も美しい楽器のように響く」(伊「ムジカ」誌)。
だが、フローレスの強みはそれだけではない。正確なリズムのもと、声を転がし跳躍させる超人的技巧を軽々とこなす一方、レガートの旋律は感情が深くこめられながら洗練を極めている。だから、難しすぎて埋もれていたオペラの数々も、フローレスが歌うことで日の目をみた。そればかりか、メットやウィーン国立歌劇場、スカラ座など最高峰のオペラハウスが、まさにフローレスのために無名のオペラを上演するリスクをあえて負い、結果的に大成功を収めてきた。
 1974年、ペルーのリマに生まれたフローレスは、生地の国立音楽院をへて1993年からフィラデルフィアのカーティス音楽院で学び、いまペーザロのロッシーニ・オペラフェスティヴァル(ROF)の総裁兼芸術監督である往年の名テノール、エルネスト・パラシオに師事。1996年、代役でROFにデビューしてセンセーショナルな成功を収めると、短期間で一気にオペラ界の頂点に登りつめた。日本でも、ボローニャ歌劇場公演の《セビリャの理髪師》でのめくるめく超絶技巧、《連隊の娘》での煌めく超高音などで、圧倒的な印象を残している。
 世界が「100年に一人」と認めたテノールは一番脂がのった年齢に達し、見事に熟した声で《ルチア》や《ウェルテル》など劇的な作品にも挑戦、大喝采を浴びている。その一方で、2018年夏にはROFで《リッチャルドとゾライデ》という難曲に挑み、だれにも真似できない超人的技巧を軽々と披露して、満場の大喝采を浴びた。
 こうして高みに登りつめたいま、待ち望まれた13年ぶりの来日が実現する。                香原斗志(オペラ評論家)

 

 
Juan Diego Flórez 2019年12月 来日決定!
 
”ファン・ディエゴ・フローレス テノールコンサート”
 
公演日程:
2019年12月 9日(月) 19:00開演 サントリーホール
(大ホール) / (アクセス)


2019年12月14日(土) 19:00開演 サントリーホール
(大ホール) / (アクセス)
 
 
その他公演詳細は、随時更新致します。(チケット販売時期については、後日発表します。)
 

 
ファン・ディエゴ・フローレス来日公演最新情報をご希望の方は、
アーチ・チケットサービスにて無料登録いただき【メールマガジン配信】をご希望ください。
 
▼最新のチケット販売情報、公演情報をお伝えします。
<<アーチ・チケットサービス無料会員登録>>はこちらをクリック
※登録方法について
 
 

<すでに無料会員の方、アーチ友の会の方>
すでにご登録済みの方は
1.ログイン後、
1
2.マイページ内の『利用情報変更』をクリック
2
3.【その他】にあります[メールマガジン配信を希望する]にチェックを入れ、
[お気に入りの登録]で[ファン・ディエゴ・フローレス]にチェックを入れて『次へ』で進み、
3
4.『この内容で登録する』を押して情報を更新してください。
4
 
最新の公演情報を掲載したメールマガジンをお届けします。

 
 
ファン・ディエゴ・フローレス
「100年に一人のテノール」といわれるオペラ界のビッグ・スター
 
「銀色の輝きを帯びたやわらかさを伴い、並はずれて美しいだけでなく、時に想像しうるかぎり最も美しい楽器のように響く」(伊「ムジカ」誌)。
だが、フローレスの強みはそれだけではない。正確なリズムのもと、声を転がし跳躍させる超人的技巧を軽々とこなす一方、レガートの旋律は感情が深くこめられながら洗練を極めている。だから、難しすぎて埋もれていたオペラの数々も、フローレスが歌うことで日の目をみた。そればかりか、メットやウィーン国立歌劇場、スカラ座など最高峰のオペラハウスが、まさにフローレスのために無名のオペラを上演するリスクをあえて負い、結果的に大成功を収めてきた。
 1974年、ペルーのリマに生まれたフローレスは、生地の国立音楽院をへて1993年からフィラデルフィアのカーティス音楽院で学び、いまペーザロのロッシーニ・オペラフェスティヴァル(ROF)の総裁兼芸術監督である往年の名テノール、エルネスト・パラシオに師事。1996年、代役でROFにデビューしてセンセーショナルな成功を収めると、短期間で一気にオペラ界の頂点に登りつめた。日本でも、ボローニャ歌劇場公演の《セビリャの理髪師》でのめくるめく超絶技巧、《連隊の娘》での煌めく超高音などで、圧倒的な印象を残している。
 世界が「100年に一人」と認めたテノールは一番脂がのった年齢に達し、見事に熟した声で《ルチア》や《ウェルテル》など劇的な作品にも挑戦、大喝采を浴びている。その一方で、2018年夏にはROFで《リッチャルドとゾライデ》という難曲に挑み、だれにも真似できない超人的技巧を軽々と披露して、満場の大喝采を浴びた。
 こうして高みに登りつめたいま、待ち望まれた13年ぶりの来日が実現する。                香原斗志(オペラ評論家)
 
 
公式HP
https://www.juandiegoflorez.com