TOPICS

【チケット発売中】MUSICVOTEClassic『Arch Gala Concert 〜第2回アーチ・ガラ・コンサート〜』 2021/11/03開催

更新日:2021/10/11



    2021年11月 MUSIC VOTE Classic
    ”Arch Gala Concert”第2回アーチ・ガラ・コンサート
 主催: 株式会社アーチ・エンタテインメント / 協力: 株式会社BSフジ

 
【 公演スケジュール 】

 日程:2021年11月3日(水・祝) 11:30開演 (11:05開場)
 会場:東京オペラシティ  コンサートホール  / (アクセス)
 
<チケット料金>(税込)
全席指定:3,000円

 

【 演奏順 ・ 演奏予定曲 】

11:30開演 (11:05開場)
 
※演奏順・時間はスケジュール調整により、多少変更する場合もあります。ご注意ください

 
11:30〜 
西川 のばら Nobara Nishikawa 《 violin 》

 
 Piazzolla : Ave Maria
 Grieg: Violin Sonata No.3

 
 
12:05〜 
塩塚 比七  Hina Shiotsuka 《 piano 》

 
 バッハ : 平均律クラヴィーア曲集 第一巻 第2番BWV847
 モーツァルト : 幻想曲 ニ短調 K.397
 シューマン : アラベスク ハ長調 Op.18
 ショパン : ワルツ第4番 ヘ長調 Op.34-3
 ショパン : マズルカ ハ長調 Op.24-2
 メンデルスゾーン : カプリス イ短調 Op.33-1

 
 
12:40〜 
泉 里沙 Risa Izumi 《 violin 》

 
 
 バッハ 無伴奏ヴァイオリン パルティータ第2番BWV 1004より 「シャコンヌ」
 イザイ 無伴奏ヴァイオリン ソナタ 第3番 「バラード」

 
 
13:40〜 
榎本 玲奈  Rayna Enomoto 《 piano 》

 
 Emerson, Lake & Palmer:Tarkus
 吉松隆:NHK大河ドラマ「平清盛」より〜《遊びをせんとや》
  Emerson, Lake & Palmer:Are You Ready Eddy?(榎本玲奈 編曲)

 
 
14:15〜
アンサンブル アンクラージェ  Ensemble Encourager 《 ensemble 》

 
 ブラームス ピアノ五重奏曲 ヘ短調 作品34
 1. Allegro non troppo
 2.Andante,un poco adagio
 3.Scherzo
 4.Finale

 
 
14:50〜 
室町 あかり  《 clarinet 》

 
 モーツァルトクラリネット協奏曲 K.622
 

 

【 各種プレイガイド 】

●アーチ・チケット(無料会員)《チケット好評発売中》 ※前売券は11月2日(火)12:00まで販売
 
チケットアーチ・チケットに無料会員登録後、ログインしてチケット購入が可能です。
※お好きな座席を選べます。


 

 
【 当日券について 】

 
※現在、未定です。

 

【 出演者 】 演奏予定順

 

西川 のばら Nobara Nishikawa 《 violin 》

 
西川 のばら
西川 のばら ( にしかわ のばら )
 
桐朋女子高等学校音楽科、ウィーン私立音楽芸術大学卒業。在学中はヨーロッパ各地で開催された様々なミュージックアカデミーや音楽祭に参加。
ソロはもちろん室内楽においても精力的に活動し、数々のディプロムを得る。またソロコンサートにも各地で多く出演し、そのうちミュンヘンでの演奏がドイツバイエルン誌にて好評を得て注目を集める。
全日本学生音楽コンクール西日本大会第1位、フィラデルフィア国際コンクール部門第3位(1位、2位なし)、アントン・ガルシア・アヴリル国際コンクール第1位。ユーテルペ国際音楽コンクールにおいてソロ・室内楽両部門第1位、合わせて最優秀賞。
他国内外多数のコンクールにおいて入賞。
現在九州を拠点に演奏活動やコンクール審査、また後進の指導を行う。

 
 
 
矢野雄太

伴奏:矢野 雄太 Yuta yano  《 piano 》
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業後、同大学大学院修士課程修了。その後渡伊、ミラノ・スカラ座研修所コレペティトゥアコース、またミラノ市立クラウディオ・アッバード音楽院指揮科修了。第3回チェルカスキー国際ピアノコンクール、チェルカスキー特別賞。第23回リナサラガッロ国際ピアノコンクール、バッハ特別賞。第13回アントニオ・ナポリターノ国際ピアノコンクール第1位。第1回クライスレリアーナ国際ピアノコンクール第1位。第32回バルセシア国際音楽コンクール第3位。他国内外のコンクールおいて、優勝、入賞多数。ヨーロッパ、アジア、日本各地でリサイタル、室内楽、コンチェルトソリストとして演奏を行う。
 
 
 
 
 


 
 

塩塚 比七 Hina Shiotsuka 《 piano 》

 
塩塚 比七
塩塚 比七 ( しおつか ひな )
 
2歳より母からリトミックとピアノを自然に親しみ、7歳からロシアのビクターアルキポフ氏の元で研鑽を積む。
2021年ティツィアーノロゼッティ ・インターナショナルミュージックアカデミーによるキャリアプロジェクト選出参加。現在、ビクター・アルキポフ氏、エルウィン・プールストラ氏に師事。
ピアノ演奏の他に、書道、クリエイティブな作品作りを得意とする。ピティナ・ピアノコンペティションB級全国大会ベスト賞、大阪国際音楽コンクールAge-E1部門第1位、ショパン国際ピアノコンクールin Asia 小学1.2年生部門 全国大会銀賞、 全日本Jr.クラシック音楽コンクール 小学生の部 第一位 、日本クラシック音楽コンクール 小学生低学年女子の部 最高位 第三位。
海外のコンクールにおいて、以下のエントリーしたコンペティションにて全て第一位を受賞。第3回フューチャースターズ国際ピアノコンペティション、ヨーロッパ国際ピアノコンペティション、ナポリタンマスターズコンペティション ジュニアA部門、サンクトペテルブルク国際ピアノコンクール 、ミュージック&スター アワードCカテゴリー、第一回ウラディミールバック国際ピアノコンペティション、ヤング ユーレジオ ピアノアワードA カテゴリー、ヴァルティドーネ国際音楽コンクールピアノA部門、第16回アディリア アリエバ 国際音楽コンクール ピアノ部門C3、カルロス&ソフィア国際ピアノコンクール Bカテゴリー、第1回スイス国際音楽コンクール(19歳以下)ピアニストのプレトネフ率いるRNOオーケストラ ビッグセレクション第一ラウンドにてピアニスト ランキング第一位。カルロス&ソフィア国際ピアノコンクール・プロフェッショナルカテゴリーにて第二位。その他、作曲家別、特別賞を多数受賞。ポーランド シレジアフィルハーモニー管弦楽団と7歳で協演。
スピバコフ財団「モスクワは友達と出会う」閉会式コンサートにて「イゴール・ラーマン室内楽オーケストラと9歳で協演。
True Art TVのゲン・リー氏より「珍しい才能。世界での露出に値する」と賞され10歳でオンラインリサイタルを行う。

 


 
 
 

泉 里沙 Lisa Izumi 《 violin 》

 
泉 里沙
泉 里沙 ( いずみ りさ )
 
ロンドンで生まれ14歳で帰国。東京芸術大学附属音楽高等学校を経て同大学 同大学院修士課程修了。ウィーン私立音楽芸術大学大学院修士課程及びディプロマコース修了。

YBP国際ヴァイオリンコンクール第1位、2001年日本学生音楽コンクール東京大会第2位、2003年日本クラシック音楽コンクール高校の部全国大会第2位(1位なし)、市川市文化財団主催新人演奏家コンクール最優秀賞、摂津市主催ICコンクール金賞受賞。2011年ポーランド ヴィニアウスキーヴァイオリンコンクール及びモスクワ ヤンポルスキーヴァイオリンコンクールにてディプロマ賞受賞。ブラームス ヴァイオリンコンクールセミファイナリスト、ポートグルアーロ音楽祭最優秀賞など国内外にて多数受賞。イタリア ベニスにてロータリークラブ主催リサイタル開催される。サントリーホール主催ウィーン・フィル コンサートマスターシュトイデ氏のマスタークラスに選抜される。政府法務省主催「ふるさとの風コンサート」第一生命ホールにて安倍首相ご臨席のもと芸大チェンバーオーケストラのコンサートミストレスを務める。 ソフィア・フィルハーモニー管弦楽団、英国王立音楽院チェンバーオーケストラ、日本センチュリー交響楽団、テレマン室内楽オーケストラ他と共演。

2015年 初CD アルバム「マイ フェイヴァレットがリリースされタワーレコードにてミニコンサート開催。2017年より草津音楽祭に招かれる。ウィーン・フィル奏者ウェルナ・ヒンク、タマーシュ・ヴァルガ、カール=ハインツ・シュッツ、ロベルト・バウアーシュタッター各氏、ベルリン・フィル奏者ヴォルフガング・ベッチャー氏とも室内楽共演や合奏を草津音楽の森国際コンサートホールにて重ねる。最近では2019年9月「ウィーン・フィル首席チェリストとの華麗なる饗宴コンサート」を銀座王子ホールにて開催 ソロチェリスト タマーシュ・ヴァルガ氏 ピアニストのウィーン国立音楽大学主任教授クリストファー・ヒンターフーバー氏らと共演して音楽関係者からウィーン奏者らと全く遜色のない演奏で観客を魅了した」と好評を博す。また10月東京文化会館小ホールにてピアニスト佐藤卓史氏共演のリサイタルでは「日本の新しい世代の室内楽能力の高さを改めて示し 音楽性に非常に充実したデュオ」と音楽ジャーナリスト池田卓夫氏より評価される。佐々木由実、清水高師、故イフラー・ニーマン、ジェラール・プーレ、漆原朝子、パヴェル・ヴェルニコフ、ジュリアン・ラクリン 各氏に師事。音楽祭やマスタークラスにてウィーン・フィル コンサートマスターのライナー・ホーネック氏、フォルトハルト・シュトイデ氏の他 竹澤恭子氏ら著名演奏家にも指導を受ける。
 


 
 
 

榎本 玲奈 Rayna Enomoto 《 piano 》

 
榎本玲奈
榎本 玲奈 ( えのもと れいな )
 
兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、沖縄県立芸術大学音楽学部を西銘賞を得て首席卒業。
第2回ルーマニア国際音楽コンクール グランプリ並びにショパンマガジン賞(ルーマニアにて受賞記念演奏)、2010アジア国際音楽コンクール第1位など受賞歴多数。
BSフジ協力MUSIC VOTEオーディションにて選出され、2019年12月サントリーホール大ホールに出演。
近現代音楽を得意とし、ソロ、アンサンブル、作編曲、弾き語り、ダンスや朗読とのコラボなど多彩に活動。
日本初録音の現代作品を多数収録した意欲的な1stアルバム「In a Landscape」リリース、2021年内には2ndアルバム「Tarkus & Rhapsody In Blue」リリース予定。
 
オフィシャルサイト raynaenomoto.com/

 
 


 
 

Ensemble Encourager (アンサンブル アンクラージェ)

 
アンサンブル アンクラージェ
 

S.Sax. 川越明由美/A.Sax. 髙橋奈々子/T.Sax. 西田早希/Tuba 数馬尚子/Pf. 小松真理
 
ensemble encourager(アンサンブル アンクラージェ)

2018年7月結成。
楽団名「アンサンブル・アンクラージェ」はお客様からの公募により旗揚げコンサートにて決定。
楽団名には、演奏を通して皆様の毎日に自信や希望を感じて頂きたい。という願いが込められています。
現在、ピアノ、声楽、管楽器など、十数名のメンバーで都内を中心に活動中。
「クラシカルムービーコンサート」「ヨガ & クラシック」など、他ジャンルと演奏とのコラボコンサートを定期的に開催。
保育園やホテル、婚礼の依頼公演も行う。
サントリーホール大ホールで行われた「第1回アーチガラコンサート」出演。
YouTubeチャンネル https://bit.ly/3gQblyH

 
 


 
 
 

室町 あかり Akari Muromachi 《 clarinet 》

 
室町あかり
室町 あかり ( むろまち あかり )
 
3歳でピアノを始め、9歳でクラリネットを始める。
上野学園短期大学を経て、首席にて卒業。第80回讀賣新人コンサートを東京文化会館大ホールにて出演。
これまでに笠原純子、栄村香、荒井伸一の各氏に師事。
TIAA全日本クラシック音楽コンサートをサントリーホールにて出演。第18回及川事務所新人オーディション合格。
日本クラシック音楽コンクール全国大会入賞。オリジナル楽曲「Season1」CDデビュー。東京オペラシティにて初披露。iTunesやレコチョクなどで配信中。
2017年銀座ヤマハホールにてリサイタルを開催。2018年サントリーホールにてリサイタルを開催。
TVアニメ「このはな綺譚」サウンドトラック収録参加。
現在は、ソニー・ミュージックソリューションズに所属しながら音楽やライフスタイルに役立つ情報などをYouTubeで発信している。

 
 
 
    伴奏:田仲なつき(たなか なつき)
 
 


 
 


※演奏順につきましては、後日発表となります。