TOPICS

所属アーティスト

更新日:2017/10/10


すほうりょうすけ

 
すほうりょうすけ
 

【プロフィール】

周防 亮介 すほうりょうすけ

 京都府出身。7歳より岡本智紗子、岩谷悠子の両氏の元でヴァイオリンを始める。
2009年、ドイツで行われた第13回クロスター・シェーンタール国際ヴァイオリンコンクールで第1位及びヴィルティオーゾ賞、全部門の最高演奏者に贈られるEMCY賞を14歳にして受賞。
翌年モスクワで開催された第4回ダヴィッド・オイストラフ国際ヴァイオリンコンクールで最高位及びスポンサー特別賞を受賞。
2011年、第9回東京音楽コンクール第1位及び聴衆賞を受賞し、2012年には第81回日本音楽コンクール第2位及び聴衆賞を受賞。
2013年IMA音楽賞、2014年度第25回出光音楽賞、2015年度第25回青山音楽賞新人賞を受賞。
また、2016年にポーランドで開催された第15回ヘンリク・ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクールにおいて入賞及び特別賞を受賞。
そして2017年、第1回ベルリン国際ヴァイオリンコンクールにおいて第1位を受賞するなど今後さらなる活躍が期待される新進気鋭のヴァイオリニストである。

12歳で京都市交響楽団と共演し、15歳の時〈国際音楽祭ヤング・プラハ〉より招聘されプラハ室内管弦楽団と共演しヨーロッパデビューを果たした。翌年も同音楽祭に招かれチェコ各地でリサイタルを行い好評を博す。
その後パリにてパリ管弦楽団、フランス国立管弦楽団、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、パリ国立歌劇場管弦楽団と共演し話題を呼び、2014年にはサンクトペテルブルクの〈音楽の家〉よりアジア人として初めて招聘され、国立サンクトペテルブルクアカデミー管弦楽団と共演し大成功を収めた。
また、2016年にはバイエルン州立青少年オーケストラの日本ツアーのソリストを務めるなど、日本のみならずアジアや欧州の音楽祭や演奏会でも高く評価をされている。
これまでにポズナンフィルハーモニック管弦楽団、アマデウスポーランド放送室内管弦楽団、東京交響楽団、読売交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、アンサンブル金沢、横浜シンフォニエッタなどと共演。
また、テレビ朝日「題名のない音楽会」、「chouchou」、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」、「ベストオブクラシック」などのメディアにも多数出演している。
2017年11月にオクタヴィア・レコードよりファーストアルバムをリリース。
これまでマスタークラスにおいて、マキシム・ヴェンゲーロフ、アナ・チュマチェンコ、ザハール・ブロン、ミハエラ・マルティン、ボリス・ベルキン、スヴェトリン・ルセフなどの各氏に指導を受ける。
2014年度・2015年度ロームミュージックファンデーション奨学生。
2017年度第46回江副記念財団奨学生。
現在、東京音楽大学に特別特待奨学生として在籍し、小栗まち絵、大谷康子、原田幸一郎の各氏に師事。
また、2017年10月よりスイスのメニューイン国際音楽アカデミーに在学しマキシム・ヴェンゲーロフ氏に師事する。
使用楽器はNPO法人イエローエンジェルより貸与されている1678年製ニコロ・アマティ。


 


[Ryosuke Suho Biography]

Born in 1995 in Kyoto, Japan, Ryosuke Suho began violin lessons at the age of seven. At the age of twelve, Ryosuke performed with the Kyoto Symphony Orchestra in his debut performance in Japan. He was invited by the Young Prague Music Festival when he was fifteen to perform with the Prague Chamber Orchestra, which was his debut performance in Europe. In the same year, Ryosuke performed with a specially formed orchestra composed of the Orchestra de Paris, Orchestra de National France, Orchestra Philharmonic de Radio France and Orchestra de Opera National de Paris.

Ryosuke has performed numerous times in Japan as well as in Europe since then. He was invited to perform at the St. Petersburg Music House as the very first Asian violinist in 2014, and his performance with the St. Petersburg Music Academy Orchestra was well reviewed. He was a soloist with the Bavarian State Youth Orchestra for their concert in Japan in the summer of 2016 which brought sensational excitement to the audience. He has also performed with major Japanese orchestras such as the Yomiuri Nippon Symphony Orchestra, Tokyo Symphony Orchestra, New Japan Philharmonic, Tokyo Philharmonic Orchestra, Tokyo City Philharmonic Orchestra, Hyogo Performing Arts Center Orchestra, Orchestra Ensemble Kanazawa and Yokohama Sinfonietta, as well as the Poznan Philharmonic Orchestra and Amadeus Polish Radio Chamber Orchestra. Ryosuke has been given many opportunities to perform all over the world, and continues to execute very successful performances.

Ryosuke was also given the chance to perform with celebrated violinists such as Ivry Gitlis and Maxim Vengerov. TV programs such as “Untitled Concert” and radio programs including NHK-FM “Recital Nova”, “Best of Classic” and others have hosted Ryosuke’s performances.

Ryosuke has won many prominent awards and honours. He was a prizewinner of the 15th Henryk Wieniawski International Violin Competition in 2016 held in Poznan, Poland and received the Special Jury Award. Ryosuke won first prize at the Kloster Schontal International Violin Competition in 2009 and received the Virtuoso Award and EMCY Prize. He also won first prize at the David Oistrakh International Violin Competition in 2010 and received the Sponsorship Award. In 2011, Ryosuke won first prize at the Tokyo Music Competition for Strings Instruments and also received the Audience Award. He won second prize at the Japan Music Competition in 2012 and received the Audience Award. He received the prestigious IMA Music Award in 2013, Idemitsu Music Award in 2014, and Aoyama Music Award in 2015 for outstanding musicianship. In 2017, He won first prize at the Berliner International Music Competition.

Ryosuke is currently studying at the Tokyo College of Music as a special full scholarship student, and is also studying at the International Menuhin Music Academy in Switzerland. He studies under Maxim Vengerov, Machie Oguri, Koichiro Harada and Yasuko Ohtani.
He also has studied at masterclasses with many exceptional masters of the violin, including Ana Chumachenco, Maxim Vengerov, Zakhar Bron, Boris Belkin, Mihaela Martin and Svetlin Roussev.
Ryosuke was a recipient of the Rohm Music Foundation Scholarship in 2014 and 2015.
He also received a scholarship from The Ezoe Memorial Foundation in 2017.
He plays a 1678 Nicolo Amati on a generous loan from the Yellow Angel Corporation.